まず初めに、この記事は自分の記憶と現在閲覧できたディメンションゼロを扱ったブログから得ることが出来た情報を元に作成しております。
間違え等あると思いますが、その点はご了承ください。


D-0
日本選手権 2006回顧録

 

d-0最初の日本選手権。初の日本選手権ということで、ブロッコリーも相当に力を入れていたし、ユーザーもこのお祭りを楽しもうという雰囲気が感じられた。


激戦を制するものが発売され、予選シーズン開幕となった池袋オーガには
100人を超えるプレイヤーが集まった。本線の出場をかけた熱く長いシーズンの始まりとなった。

 
ここで思い出せる範囲で予選中に出てきたデッキを挙げていきたいと思う。
ここで
1点だけ注釈を。もう10年以上前の事で、公式HPでのデッキの閲覧が出来ないので

あくまでも筆者の記憶の中にあるデッキの話になることだけをご了承頂きたい。

 

3or4色プランコントロール系激戦をもたらすもの登場したユニット。通称プランジャー。ステルススナイパー、イビルアイドライバー、センチネルセンチピード、花束をもたらす乙女。カオスビーストナインテイル。このユニットを中心に組まれたコントロールデッキ。赤、青、黒の除去に優れた3色か、そこに白を足してベース対策と同系のデッキに対策した2つのタイプが存在していた。環境No1デッキという認識はあったが、その一方でプレイイングの難しさ、勝つまでに時間がかかることや、2デッキが組みずらいことが弱点。

 

 

 

ロストウィニー

上記のプランジャーを倒すために生まれたと言って良いデッキ。色は赤と緑で軽量ユニットと火力と展開サポートの為のストラテジー。そしてベースであるロストワールドから構成される高速デッキ。パワーが低い部分を速度と展開力でカバーする形になっている。とにかく手数が多いので、11交換を繰り返して来るプランコントロールめっぽう強い。またプランコントロールと構成パーツが被りにくいという利点もあり、2デッキの際の有力候補でもあった。その一方で全体的にカードパワーは低く、黒単に弱く、メタゲーム次第では全く勝てないこともあった。

 

黒系デッキ

 高いユニット性能、除去と手札破壊能力。冥界の門によるフィニッシュというバランスの取れたデッキ。ビートダウン型とコントロール型があったが、この環境ではビート型が主流だった。その中でも、強化ベースである魔王の城タイプか、暗黒街の闇市をコンバットトリックとして使用するタイプの二つに分かれる。

(暗黒街の闇市 黒2無2のベース場から手札に戻すことでユニットのパワーを+000するが、バトルに勝った場合そのユニットを破壊する能力を持つ。ダメージ計算後にパワーを上げて、ダメージによる破壊を避けて、ルールエフェクトの2体のユニットが同一のスクエアにいる場合、後からスクエアに侵入してきたユニットを墓地に送るというルールを利用する)

 

緑系デッキ。

ビートダウンタイプと黒を足してGP2メタゲームに中心にいたゴッドファザーやルドルフを使用するタイプに分けられる。高いパワーと展開力を生かして、盤面を圧倒していく。この環境にはヤマブシドリアードを中心とした5コストをメインした構成が多かったと記憶している、後者はエネルギー加速からの、大型ユニット展開を狙っており、どちらもユニットによる盤面瀬圧を得意としている。

 

 

歌劇場タイプ

GP1を制した水底の歌劇場を使用して、招集による強襲により勝利を目指すデッキ。

歌劇場が重いのをカバーする為に緑と組み合わせることも多いが、強力な赤のプランジャーと除去の為に赤と組ませるパターンもある。強力でプレイも比較的わかりやすいデッキだが、歌劇場に依存している部分もあり、ベース対策をされると脆い部分もある。

 

 

以上が、自分の記憶に残っている主なデッキになる。他にも様々なデッキがあったが、申し訳ないが今回は割愛させて頂く。

とにかく様々なデッキが生み出され、各店舗予選は本線への切符を求めたプレイヤー達による熾烈な戦いが繰り広げられ、それぞれのコミニュニティは各デッキの調整を進めていた。

 

調整と言えば、話は少し遡るがこんな話がある。

日本選手権の予選が始まる少し前のこと。ある集まりであるプレイヤーが言った一言があった

「ターパン、次は家だよ」

ターパンとはブログ「ターパン牧場」管理人のターパン氏のこと。

彼はD-0黎明期から関東の中心人物として活動していたプレイヤーの一人。第2回と第3回のグランプリの際に自らマイクロバスを運転し、多くの関東のプレイヤーをGPの地へと導いたのだった。

(交差点に全軍突撃、赤信号に立ち向かう勇気など、迷言もこの通称ターパンバスから生まれた。意味は察していただけると助かる)

 

そんなターパンに次に向けられたお題は「家」 つまり今度の日本選手権は東京であり移動する必要がないから調整の為の家を借りようと提案したのだった。

もちろんその時は本気ではなく、冗談の一つとしての発言だったと思う。だが彼は自分達とは行動力を自分達は甘く見ていた。彼はその提案があった後に考え、賛同者を募り計画に移したのだ。こうして日本選手権までの約2カ月の間、池袋にd-0調整の家。ターパン壮、もしくはトロール壮が誕生したのだった。

 

当時、池袋はカードショップオーガ、イエローサブマリンなどD-0が盛んなカードショップがあり、盛り上がりを見せていた。また都心ということで関東圏のプレイヤーたちが集まりやすい場所だったのだ。

そんなTCGプレイヤーには夢のような部屋で、どのような調整が行われていたかというと・・・

ガイスター、あやつり人形、カタン、時々D-0というボードゲームにまみれの時間だった。というのも予選の期間が長い上に、予選は1デッキ。本選は2デッキと環境が異なり環境が進まないと、メタゲームが読めないということもあり、予選期間の初期は上記のような内容だったと記憶している。

一応、補足しておくがボードゲームに興じていたのは初期に権利を獲得していた面々で、まだ権利を獲得していないプレイヤー達は予選が行われる週末にトロール壮に集まり、地域でのメタ情報の収集やデッキの調整を行っていたことを明記しておく。